膣トレ

エクササイズをやっている女性は多いものですが、最近ではこの膣トレと言うエクササイズがよく聞かれるようになりました。
膣とその周辺の筋肉を中心としたトレーニングです。骨盤底筋を鍛えることにより、膣の締り具合を良くするためですが、それ以外にも尿漏れ対策や、加齢により筋肉の衰えでおこる子宮脱の防止にもなります。
インナーマッスルを鍛えることです。
スタイルの維持につながる、子宮や卵巣の環境まで整える効果があるとまでも言われています。
もちろん、セックスの質の向上が目的で行っている女性が多く、膣トレで感度が良くなった、彼が満足してくれたなどの効果もあるようです。
男性の心をつかむには、昔は胃袋と言って料理に励んだものですが、今はカラダも重要。膣トレは究極の女子力!とも言われています。
トレーニング方法は色々ですが、膣トレ専用のグッズも数多く発売されています。書籍も、萩原かおるさん著の「ちつ☆トレ」は5万部を超える売り上げです。
最近は女性が自らセックスライフを快適にするために、非常に積極的。
恥ずかしいことや、隠し事ではなくなっています。

 

 

新宿2丁目

新宿2丁目

江戸時代の五街道で、江戸の日本橋より元雄も近い最初の宿場街の一つが、この新宿でした。
江戸から甲府までの甲州街道の、正式なはじめの宿は高井戸の宿でしたが、遠いためその途中で人々が休憩を足るようになったのが、現在の新宿2丁目付近と言われています。内藤新宿と呼ばれていました。内藤新宿は江戸四宿の一つでした。
そこには、飯盛女とよばれる、奉公人の名目上でいた遊女が多くいました。
元々は、給仕をするためにいた女性たちでしたが、営業競争が烈しくなり違うサービス(売春)をするようになったと言われています。
遊女も多く、明治以降も色街として、遊女たちに座視を提供するという形で営業していました。
大正時代、最も栄えた遊郭は吉原や洲崎と違い、関東大震災で被害を受けなかった新宿遊郭は全盛期を迎えます。
東京の人口が西側に増えていったことや、新宿の鉄道駅の整備によりますます栄えていきました。
時代が近代化の波に乗り、サラリーマンが増え、彼らをターゲットにしたモダンな遊郭へと変わっていきました。
第二次世界大戦で焼失しましたが、赤線地帯として売春業は続けられていました。1958年の売春防止法により、ついに終わりを迎え、ソープランドやヌードスタジオなどに姿を変え、旅館はホテルへと変わっていきました。
売春禁止法により空家の増えたこの当りに、ひっそりと営業していたゲイバーが集まってきたと言われています。
銀座で営業していた「欄屋」もこの時に新宿に移転しています。この「欄屋」は、
のちの新宿ゲイバー業界の老舗となるものです。
1970年代以降は一部の芸能人が飲みに来ることにより、雑誌などに取り上げられるようになり、だんだんとゲイの町としての知名度が上がっていきました。

現在では、本当のゲイの街と言うより観光化され多様な雰囲気で当時の面影は薄れたと言われています。
このまま衰退化するのではないかとの心配の声も聞かれます。

四つ目屋

四つ目屋

日本最古のアダルトグッズショップは、江戸時代、両国の薬研堀(やげんぼり)にあった”四つ目屋”と言われています。
この頃は、アダルトグッズのことを四ツ目屋道具と呼んでいたようです。
媚薬や性具を扱っていました。店内の照明は暗くおとして、お客が入りやすく買いやすい工夫までなされていたようです。
マムシのエキス、トラの睾丸などの精力強制剤、惚れ薬と言われたイモリの黒焼きが売られていたことも有名です。
江戸時代のバイアグラと言われた帆立丸、男性の感度を鈍らせる長命丸、女性の感度を良くする女悦丸等々様々な媚薬が売られていました。

性具は、飛鳥時代よりあったと言われていますが、儀式や祭礼などに使われていたので、庶民が買えるようになったのは、この江戸時代からと言われています。
水牛の角で作られたディルド、レズビアンのための互形、オナホールの原型となる吾妻型など、現在あるアダルトグッズはほとんどこの時代に考案されている感じです。
大奥の奥女中までもが、こっそり買いに来たとの説もあります。

花魁

花魁 おいらん

江戸時代、吉原に遊郭があったころ、そこのはたくさんの遊女がいました。その遊女の中でも位の上の遊女を「おいらん」と呼んでいました。

教養や芸事も身につけていて、古典、書道、茶道、和歌、三味線などにも子供のころから勉強してきました。

花魁は、店に所属するのではなく、引手茶屋を介して呼ぶシステムとなっていました。

呼び出されて、店に出向く際の往復を花魁道中と呼びました。
禿や振袖新造などを従えて、豪華な着物で歩く姿は華麗なものでした。
三枚歯の高下駄で、八文字に歩く独特の歩き方は、歩けるまで3年はかかるほど難しいものでした。
吉原では、踏み出す足が外側を回る歩き方、京、大阪では、内側を回る歩き方で、東京都関西では逆であったようです。

花魁が「~でありんす」と言う言葉を使うのは、これは訛りを隠すためだったと言われています。

全国から集められていたため、独特の言葉使いで訛りを隠していたようです。これを廓詞(くるわことば)と言います。店により多少違いがあり、里詞、花魁詞、ありんす詞とも言われていました。

 

 

ソープランド

ソープランド

ソープランドの原点は、安土桃山時代に作られたようです。
廓(くるわ)傾城町(けいせいまち)
塀で囲まれ一区画にまとめられて、公認の売春が行われていました。

治安や統制を守るために作られてと言われています。
花街、色里、色町とも呼ばれていました。
豊臣秀吉が治安のために、京都に、大阪の道頓堀、そして天正17年京都の二条城の柳原遊廓が始まりと言う説もあります。

江戸時代になると幕府公認の遊廓も作られ、大阪の新町、京都島原、江戸の吉原が最も栄えました。
新町には最盛期は800人の遊女がいたと言われています。

江戸では、都市整備のために全国から男性の働き手が集められ、江戸が男だらけになり、そのために作られたと言う説もあります。

1956年の売春防止法が成立した後、1657年に施工された後、遊郭はソープランドへと、形を変えていきました。

 

ラブホテル

ラブホテル

ラブホテルの原点は江戸時代の茶屋と言われています。
茶屋には、待合茶屋と出会い茶屋がありました。
待合茶屋はには遊女が送り込まれ、飲食を共にし、奥座敷には寝具が引かれていたといいます。
出会い茶屋が、まさにラブホテルで、人目を忍ぶカップルがこっそりと訪れ、飲食ができる場所でした。そして奥にはやはり寝具がひかれていました。
あくまで、料理処の風情で、2階建てが普通。一階に受付がありお茶を渡して、空室の座敷を教えたと言います。

ほとんど今と同じシステムのようですね。

裏口もあったりして、こっそりと逢引きを楽しんだようです。

神社の周りに多く合ったようで東京上野は出会い茶屋が多くあったようです。その名残で湯島や鴬谷にはラブホテルが多くあるのでしょう。

ぐちょ濡れ名器 極

ぐちょ濡れ名器 極

「ぐちょ濡れ名器 」シリーズの究極の形として登場しました。据え置き型の超巨大オナホがあります。かなり大きい7キロの重量があります。
とにかく大きい!ボリュームたっぷりという印象です。
それゆえ、本物の女性のお尻、腰回りのようなリアル感を感じることができます。
ここまで大きいと保管場所にもメンテナンスにも気を使うことは避けられないでしょう。しかし、オナホもついにここまで来たかという完成度の高さを感じます。
外観だけでなく内部も複雑で本物に近すぎて、挿入感がオナホらしさがないという意見もあるほどです。
人間の要望は贅沢なものです。
リアル感は求めるが、オナホの出来の良さとリアル感はまた別物ということでしょうか。

極という名前にもあるように、これが「ぐちょ濡れ名器 」の最終形となるようです。完成された「ぐちょ濡れ名器 極」は好みが分かれるところでしょうが、マジックアイズのヒット作品であることは間違いありません。
据え置き型のオナホを好きならば、一度は手に取ってみたいものです。

 江戸の花街

江戸の花街 はなまち

遊廓と同じ意味ですが、芸妓や遊女がいる芸妓屋や遊女やが集まっている地域のことでした。
現在では、芸妓さんを呼んで楽しめる場所となっています。

はなまち」 と言う呼び方は、演歌〝円山、花町、母の町” (まるやま はなまち ははのまち、”花町の母”(はなまちのはは)のヒットによるもので、「かがい」 が正しい呼び方だったようです。

江戸の芸者は「はなまち」とは決して言わなかったようですが、京都では、濁音が入ったり、強い音が嫌われるため、「はなまち」を使ったともいわれています。

江戸時代は深川、日本橋芳町、明治時代は新橋、赤坂、関東大震災後は神楽坂が栄えた花街でした。

芳町は、もともと遊郭があったのですが、それが浅草に移転し、あとに歌舞伎の芝居小屋ができ、それと同時に茶屋ができたのが始まりと言われています。
新橋は、三味線の師匠が開業した料理茶屋が始まりで、現在の銀座8丁目にあたる場所です。
港区新橋には烏森と言う花街がありました。

赤坂には、大きな池があり(溜池)、その周りに多くの茶店がありました。蛍のたくさんいて雰囲気ある場所だったようです。非公認の遊廓が作られたりもし、明治時代には芸鼓のいる花街となりました。赤坂の花街は、軍人、政治家の利用が多かったとのことです。
現在も政治家の利用が多い料亭、クラブが多数あるのはこの名残です。

神楽坂は、善国寺(毘沙門天)の周りの茶店が、のちに遊郭となり、それが元となっているようです。明治時代に全盛期を迎え、昭和に入ってからは少しずつ衰退。現在では祭りや地元の行事として残っています。

 

浅草は浅草寺の周りの茶屋が発展したもので、舞踊や三味線を極めて精進したものも多く栄えていきました。関東大震災後もすぐ復興しましたが、太平洋戦争で営業は停止となりました。戦後はすぐ復興し昭和30年代前期に最盛期を迎えました。その後は衰退していきますが、現在では文化の継承として、”浅草踊り”など花柳界の保存に努めています。

 

向島は、現在の墨田区向島にありました。
隅田川沿いで景色が良かったことで、明治時代に料理やが多くでき、これが元になったと言われています。
非公認の遊廓もあったり、一時はかなり栄えましたが、昭和後期から衰退。現在は料亭、芸鼓を継承する努力が行われています。

 

 

 

 

 

 

an・an

an・an

1970年から現在まで発行部数20万部以上の人気の女性ファッション誌です。常にファッションの話題を提供し1980年代には、カラス族、ハウスマヌカン、デザイナーズブランドなどと言う流行語も生みだしました。
ファッション、メイク、恋愛、ダイエット、映画、占いなどがメインのテーマでした。

刈り上げヘアーに真っ黒な服のハウスマヌカン、いつもオシャレなスタイリストが読む雑誌、というのが当時のイメージでした。

そのan・anが、なんと sex特集を毎年夏にくむようになりました。

ダルビッシュ有、向井理のヌードグラビアや、AV女優の女性のための官能ビデオを付録でつけたり、性に関する特集が満載です。

アンケートのよりリアルな性に関する情報が、今までの女性誌では決してない過激な内容で掲載されています。
これにより、女性が性に対してオープンに語るようになったといわれています。

アダルトグッズメーカーが女性向けの商品を作り始めたり、女性用のアダルトグッズサイトができたりしています。

セックスを研究したり楽しのは、もはや男性だけのものではありません。この大きな流れは、an・anが大きく変えたと言われています。

 

ぐちょ濡れ名器 MONSTER 覚醒

ぐちょ濡れ名器 MONSTER 覚醒

見た目が非常にグロテスク、気持ち悪いともいえる”ぐちょ濡れ名器”シリーズ。今回は”ぐちょ濡れ名器 MONSTER 覚醒”という、またまた長い名前で登場です。しかしこのマジックアイズのつける名前にはいつも理由があるのです。
今回はこの「覚醒」がポイントです。オナホの素材を女性に見立て、恋を知らない女性が、恋に目覚めそれにより肉質が柔らかくなるということらしいです。それにもとずき、覚醒処理という名前の処理をしたことで、オナホ自体の素材を柔らかくしたといことです。
ストーリ仕立てで改善を行っていくところに、マジックアイアズの商品に対する愛を感じます。

今までの、「ぐちょ濡れ名器シリーズ」のものと比べて、かなりやらかい素材になりました。
MONSTERは、なんだかわからないもの=挿入感が不思議であると意味です。複雑な内部構造が複雑な刺激を与えます。

 

 

 

Just another WordPress site